平成29年度 国立病院機構 神戸医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
 年齢階級別退院患者数(ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 279人 252人 177人 273人 352人 432人 1047人 1777人 1458人 302人

当院に入院された患者さんのうち、平成29年4月~平成30年3月に退院された患者さんの人数を、10歳刻みに階級別に集計した値になります。
年齢は入院した時点の満年齢で集計しています。
全退院患者数6349人のうち、70歳代が約28%と最も多く、ついで80歳代が約23%で高齢の患者さんが多いことがわかります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 39 27.92 20.83 20.51 86.67
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 35 17.11 12.34 14.29 75.86
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 13 18.00 15.12 15.38 85.54
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 3.45 5.15 0.00 70.55
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 5.76

内科では、独立した内科系診療科である消化器内科、循環器内科、呼吸器内科で扱う疾患をのぞいた広範な領域での内科診療を行う科となっており、内科分野での良質で安全な医療を提供できるよう取り組んでいる。

抽出定義:転院率=転院患者数/各DPCコード別の全退院患者数(以下同様)

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 21 31.62 19.65 4.76 71.62
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 18 25.28 20.83 11.11 83.39
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 19.00 15.12 6.25 82.31
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上):手術なし,手術・処置等2なし,定義副傷病なし,A-DROP スコア1 15 12.87 13.15 0.00 82.80
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 13 22.46 11.99 0.00 74.08
呼吸器内科では、呼吸器疾患全般を対象とし医療を提供している。特に感染性疾患・腫瘍性疾患・アレルギー性疾患・タバコ関連疾患・びまん性肺疾患・胸膜疾患・急性および慢性呼吸不全・睡眠時無呼吸症候群などの診断、治療、指導を行っている。また、診療、診断、治療に際しては各科の医師・看護師・メディカルスタッフとチームを作り積極的にカンファレンスを実施し、より質の高い医療の提供を目指している。
今後、更に地域の呼吸器疾患医療に貢献できるよう、他の医療機関と積極的な連携を推進していきたいと考えている。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 82 13.89 10.61 3.66 78.46 06-03外科 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 34 10.44 8.73 0.00 74.35
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 31 17.61 11.44 9.68 76.13
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 25 10.96 7.87 0.00 70.84
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 10.96 7.87 0.00 70.84
消化器内科では、消化器全般の治療及び悪性疾患を中心とした治療(内視鏡的治療、化学療法、また他科との連携による集学的治療など)に重点を置き、医療を提供している。他の医療機関からの検査依頼が多く、上下部消化管内視鏡検査数は年々増加傾向にあり、特に肝胆膵疾患の紹介患者数が多く、十二指腸ファイバーによる診断・治療を積極的に行うと共に、慢性肝炎・肝硬変(B・C型肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など)・肝癌の診断・治療にも力を入れているところである。
内視鏡的治療においては消化管止血術、早期食道・胃・大腸悪性腫瘍に対する粘膜切除術、内視鏡的乳頭切開術等のみならずQOL向上のための各種ステント留置、内視鏡的胆管ドレナージ、胃瘻造設等も積極的に行っており、超音波やCT、MRI,シンチグラフィーなど各種画像検査や、それらを利用した生検等により診断能の向上を図っている。悪性腫瘍に対して内視鏡的治療以外に、例えば肝細胞癌にはエタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法、TAE等を場合によって併用、また進行した悪性腫瘍には放射線併用化学療法といったように集学的治療を心がけている。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 116 5.98 4.62 0.00 72.65
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 96 3.68 3.03 2.08 72.04 04-01循環器 心臓カテーテル検査2泊3日手首
04-02循環器 心臓カテーテル検査2泊3日大腿
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 75 3.69 3.19 0.00 70.52 04-01循環器 心臓カテーテル検査2泊3日手首
04-02循環器 心臓カテーテル検査2泊3日大腿
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 72 26.00 17.71 12.50 83.99
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 28 18.96 11.21 3.57 83.11
循環器内科では、虚血性心疾患、心筋症、心臓弁膜症、不整脈、閉塞性動脈硬化症など、心血管疾患全般にわたる医療を提供している。また、これら疾患の外来検査および入院加療を中心として診療を行い、他の医療機関との病診連携も積極的に進めている。他の医療機関からの紹介による検査や治療を行う一方で、以後のフォローは逆紹介していくように心がけている。更に、積極的に循環器疾患の救急を受け入れており、地域医療への貢献に努めている。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 111 6.09 6.18 2.70 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 22 5.86 11.49 27.27 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 6.94 6.32 0.00 4.88
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 14 5.14 5.94 7.14 114
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 13 5.77 5.70 0.00 3.15
小児科では、総合病院としての特性を生かして他科と連携し、地域における成育医療の専門病院として出生直後の新生児から思春期に至るまでの成長に応じた幅広い医療を提供できるように努めている。産科と連携し、リスクのある新生児の出生の場合には小児科医も分娩に立会い、誕生の時点より適切なケアを提供すると共に、その後も安心・安全な子育てができるよう発育・発達について支援を行っている。また、「赤ちゃんにやさしい病院(BFH:Baby Friendly Hospital)」認定病院として母乳育児の支援にも積極的に取り組んでいる。一般小児の診療では、感染症や川崎病などの急性疾患の診療はもとより、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食事アレルギーなどのアレルギー疾患や慢性腎疾患、肥満や夜尿などといった慢性疾患についても科学的根拠に基づいた標準的な治療指針に沿いながらも個々の患者さんの症状に見合った丁寧な診療・管理を行うように心がけている。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 38 19.92 15.61 0.00 74.61
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 28 11.71 6.64 0.00 67.50 06-03外科 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 23 21.30 17.27 4.35 70.43
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 23 11.57 7.40 0.00 58.74
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21 21.90 17.49 0.00 68.76
当院は政策医療の一環としてがん治療推進を使命としており、兵庫県がん診療拠点病院に指定されている。外科・消化器外科ではその核となる食道・胃・大腸および肝臓・胆道・膵臓の消化器がんの外科治療を中心とし医療を提供している。いずれも消化器内科、放射線科、化学療法室、病理診断科、緩和ケア内科と合同で協議を行うキャンサーボードを中心に、お互いの連携を密にして最善の治療を提供できる体制を整備している。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070180xx97xx0x 脊椎変形 手術あり 副傷病なし 249 13.15 20.54 2.41 21.84 07-04整形外科 特発性側彎症脊椎後方固定術
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 207 8.48 6.65 0.48 70.64
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 副傷病なし 126 8.37 6.89 3.17 66.58
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 95 32.67 27.09 70.53 83.55
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1-なし 85 30.52 22.08 55.29 70.15
当院の整形外科では、整形外科領域の中でも主に慢性疾患を対象とした診療体制をとっている。脊椎脊髄疾患と関節疾患に重点をおき、特に脊椎脊髄疾患に関しては、我が国における脊椎脊髄疾患の専門施設のパイオニアのひとつとして、全国的に認知され、診療、研究を行ってきた。乳幼児から成人、高齢者にいたるまで、あらゆる年齢層の”背骨(せぼね)”の問題に対応可能である。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし 4.14
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.68
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1-なし 5.93
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 3.96
080070xx97xxxx 慢性膿皮症 手術あり 10.82
070010XX010X0X 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1-なし 副傷病なし
形成外科では、皮膚や皮下組織の外傷や腫瘍、変形などの治療、再建を対象とし、可能な限り目立たない傷跡で治すことを目的として治療に当たっている。褥瘡などの治りにくい傷に対しても認定専門看護師や皮膚科と連携し、在宅又は施設での保存的治療や手術適応のある患者さんには入院後、陰圧閉鎖療法や手術により治療を行っている。また、外傷や熱傷などによる傷跡にに対しても保存的・手術的方法を組み合わせて治療を行っている。その他、加齢に伴う眼瞼の下垂や皮膚弛緩、巻き爪・陥入爪などにも比較的侵襲の少ない方法で対応している。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 17 20.24 16.38 29.41 72.24
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 14.44 11.75 6.25 77.25 08-01脳外 慢性硬膜下血腫除去術
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 7.34
010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病1あり 18.34
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.68
脳神経外科では、主に頭痛、眩暈や一過性不全片側麻痺のなどの症状で発症する脳血管障害ほか脳神経疾患全般について医療を提供している。脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血など)では発症後早い段階での治療が重要であり、当科では対応が可能である。また、人体に侵襲の少ない頭部コンピュータ断層撮影検査(CT)、脳血流検査(SPECT)、磁気共鳴撮影検査(MRI)などを駆使して早期診断・早期治療を心がけている。 また総合病院という利点を生かし、内科・耳鼻いんこう科・眼科・放射線科などの他科との連携で精確な診断・治療を施行できるよう工夫している。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2-4あり 11 2.00 2.47 0.00 73.09
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 2.85 12-01眼科 白内障 2泊3日
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2-あり 2.56
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 手術なし 手術・処置等2-2あり 2.62
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし 15.47
眼科では日常の診療において患者様が満足されるように充分な説明を行い、検査・医療を提供している。当科では、一般眼科を患者さん及び地域の医療機関に対して提供し、特に白内障は眼科の基本手術と考え質の高い手術を行うことで確実で安心な医療の提供を目指している。

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 10 8.80 7.23 0.00 58.40 13-01耳鼻科 内視鏡下副鼻腔
030428xxxxxxxx 突発性難聴 9.18
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 9.45
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし 8.14
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 7.58
耳鼻いんこう科では、耳鼻咽喉頭頭頚部領域の疾患を中心に診断治療を提供しており、特に入院治療が必要な症例、手術症例を主に取り扱っている。また、頭頚部悪性腫瘍については診断を主とし、手術治療が必要な場合は、他の医療機関と連携できる体制を整備している。
今後、更に地域住民の皆様が安心して相談できる診療科を目指して行く。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 40 9.45 8.95 0.00 71.15 09-02皮膚科 帯状疱疹
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 29 14.38 11.73 0.00 68.34
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし 16 8.56 8.50 0.00 83.13 09-01皮膚科 腫瘍切除術
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし 4.14
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1-なし 17.95
皮膚科は、皮膚疾患全般にわたって上質の医療を提供している。「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、皮膚の病気から全身の病気がわかることが多々あることから、皮膚の状態から全身の病気が無いか常に考えながら日々の診察を行い、皮膚だけでなく総合的に病気の判断を行っている。当院のみならず、病院の枠を超えた皮膚科医のネットワークにより、患者さんに合った適切なアドバイスを提供する。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 10 17.20 9.73 0.00 74.10 10-01泌尿器 経尿道的前立腺切除術
11013xxx020xxx 下部尿路疾患 尿道狭窄内視鏡手術等 手術・処置等1-なし 6.77
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 7.31 10-02泌尿器 経尿道的膀胱腫瘍切除術
110080xx02x31x 前立腺の悪性腫瘍 精巣摘出術 手術・処置等2-3あり 副傷病あり 22.70
110080xx02x0xx 前立腺の悪性腫瘍 精巣摘出術 手術・処置等2-なし 6.07
泌尿器科では、尿路および精路全般における医療を提供しており、担当範囲は尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、男性不妊症、神経泌尿器科等と多岐にわたっている。特に当院は神経泌尿器科・泌尿器科腫瘍学・感染症学に力を注いでおり、当該疾患患者さんに対し専門的な医療サービスを提供する日本日泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設基幹病院である。当科では泌尿器科手疾患と関連する全身状態の管理(血圧を含む循環動態、脂質・糖質代謝、運動機能、睡眠評価等)も行っており、加えて東洋医学的診断・治療も随所に取り入れた集学的医療を行っている。

産科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2-なし 41 20.61 20.41 14.63 29.83
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 29 9.55 9.67 3.45 33.24 24-02産科 帝王切開術
24-03産科 帝王切開
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 24 9.75 9.75 0.00 32.63
120160xx99xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 手術なし 7.45
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし 4.75
産科は、当院の理念である「すべての人の立場にたった医療サービスの提供」を基に、妊婦が安心・満足できる出産を目指している。そのような出産をするために、妊婦に対して、医師の診察と助産師の保健指導により相互補完的な周産期管理を行っている。また、ハイリスク妊娠にも対応しており、妊娠高血圧症候群が出現した場合や合併症がある場合は、各科と協力のもとに安全に出産できるように治療・援助を行い、胎児に異常が疑われる場合は早期に発見できるよう最新の医療技術を用いて診断に努めている。更に、出産後、これからの育児につながるような入院生活が送れるように「母子同室」「母乳育児」を推進しており、2009年には世界保健機構とユニセフより「赤ちゃんにやさしい病院(BFH:Baby Friendly Hospital)」として認定されているところである。

婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 83 7.10 6.37 0.00 44.35
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 42 9.31 6.28 0.00 42.17
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 26 5.77 4.98 0.00 66.00
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 9.63 9.91 0.00 47.13
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 20 5.25 3.05 0.00 43.85
当院は神戸市の子宮頸癌検診指定医療機関であり、細胞診専門医を中心として子宮頸がん細胞診、コルポスコピー下組織診、高周波電気メスを用いた子宮膣部円錐切除などの様々な方法を用いて子宮頸がんの早期発見、早期治療に努めている。近年、子宮頸がんは発癌性ヒトパピローマウィルスというウィルスに感染することが原因であることが判明している。このウィルスは性交で感染するが、最近は20~30歳代の若い世代に前がん病変である子宮頸部異形成や子宮頸がんが増加している。病気の初期にはほとんどが無症状であるため、子宮がん検診やヒトパピローマウィルス検査による早期発見が重要である。子宮頸部異形成の段階で診断されると子宮を温存することができ、妊娠・出産も可能であり、子宮頸がんの状態でも早期発見できれば、大きな手術を回避することで術後の副作用の軽減が可能である。また。当科ではヒトパピローマウィルス検査を子宮頸部異形成の診断と治療後の管理に応用している。

糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病あり 34 15.06 15.63 5.88 68.09
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 29 13.86 12.49 0.00 67.41
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 12 12.42 11.90 8.33 68.33 46-01糖尿 糖尿病教育入院
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 11.73 11.16 0.00 60.55
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 14.63
糖尿病内科では、いわゆる「予備軍」の方から、インスリン注射が必要な方、また他の疾患をお持ちの患者さままで幅広く対応している。また、糖尿病のみならず高血圧や高脂血症などの生活習慣病、その他内科疾患全般に関しても総合内科の立場から診療を行うことが可能である。更に、糖尿病教室を開催しており、一般市民への啓発活動も推進している。

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2-なし 24 12.13 11.45 0.00 65.63
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし 13 8.62 6.37 0.00 63.15
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり
090010xx01x3xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2-3あり
乳がんに対する診断、治療法は日々進歩し社会的関心も高まっている。そのため、乳がん診療にあたっては個々のがんの特徴を踏まえた診断・治療法の選択が求められ、高度の専門的判断が要求されるようになってきた。そのため、乳腺外科では地域の患者さんからのニーズに応えられるように、院内外のネットワークを利用し質の高い医療を提供していく。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 63 10 16 43 35 1 7
大腸癌 16 26 69 50 25 28 1 7
乳癌 14 22 1 7
肺癌 13 31 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の初発の患者さんの数をUICCという国際対がん連合が定める病期分類法を用いて集計しております。
また、再発の患者さんの数も併せて集計しております。
集計方法は当院に入院された患者さんのうち、平成29年4月~平成30年3月に退院された患者さんの延べ数をカウントしております。

UICCの病期分類は①原発巣の大きさや深さ②所属リンパ節の転移状況③遠隔転移の有無の3つの構成要素からⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)を分類したものになります。

※症例数10未満については、(-)表示

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 11.45 59.32
中等症 125 19.30 80.49
重症 28 26.71 84.64
超重症 23 24.26 79.22
不明 0 0 0
20歳以上の成人の患者さんを集計しております。

市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が、『肺炎・急性気管支炎(DPCコード040080)』さらにその中でICD-10コードがJ13~J18であるものが対象です。

重症度分類は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システムにより分類しており、下記を満たす項目により重症度を振り分けております。
当院の患者さまでは「中等度」程度が多くを占めており、迅速な治療を行なっております。

1.男性,≧70歳、女性≧75歳   2.BUN≧21または脱水    3.酸素飽和度≦90%  
4.意識障害(肺炎に由来する)  5.sBP≦90mmHG  

注)症例数10未満については、(-)表示

 脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 60 28.93 79.38 35.94
その他
抽出定義:転院率=転院患者数 / 各ICD別の全退院数

注)症例数10未満については、(-)表示

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 03-01 内視鏡的大腸ポリープ切除
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
内科では、独立した内科系診療科である消化器内科、循環器内科、呼吸器内科で扱う疾患をのぞいた広範な領域での内科診療を行う科となっており、内科分野での良質で安全な医療を提供できるよう取り組んでいる。手術については、植込型カテーテルの設置が上位を占める状況である。

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K386 気管切開術
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン)
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
“呼吸器内科は、呼吸器疾患全体を診ることを目標にしている。
感染性疾患(肺炎、抗酸菌、誤嚥性肺炎など)、腫瘍性疾患(肺癌、縦隔腫瘍、胸膜腫瘍など)、アレルギー性疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、好酸球増多症など)、タバコ関連疾患(COPDなど)、びまん性肺疾患(間質性肺炎、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎など)、胸膜疾患(気胸、胸膜炎、膿胸など)、急性および慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群、などの診断、治療、指導を行っている。手術については、植込型カテーテルの設置が上位を占める状況である。”

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 141 1.34 1.44 0.00 71.01 03-01 内視鏡的大腸ポリープ切除
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58 2.26 15.93 6.90 74.40
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 38 1.95 9.50 5.26 76.08
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 35 1.29 9.89 0.00 74.57
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 34 0.94 1.59 2.94 7103
消化器全般の診療とともに悪性疾患を中心とした治療(内視鏡的治療、化学療法、また他科との連携による集学的治療など)にも重点をおいている。内視鏡的治療においては消化管止血術、早期食道・胃・大腸悪性腫瘍に対する粘膜切除術、内視鏡的乳頭切開術等のみならずQOL向上のための各種ステント留置、内視鏡的胆管ドレナージ、胃瘻造設等も積極的に行っており、超音波やCT、MRI,シンチグラフィーなど各種画像検査や、それらを利用した生検等により診断能の向上を図っている。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 101 3.20 3.79 0.00 72.61
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 25 6.52 14.40 8.00 82.96
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.00 16.38 9.52 72.48
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 20 2.70 4.90 0.00 73.20
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 13 2.85 2.92 0.00 76.38
循環器内科の診療内容は、虚血性心疾患、心筋症、心臓弁膜症、不整脈、閉塞性動脈硬化症など、心血管疾患全般にわたっている。また、これら疾患の外来検査および入院加療を中心として診療を行い、近隣の開業医との病診連携も積極的に進めている。紹介による検査や治療を行う一方で、以後のフォローは逆紹介していくように心がけている。更に、積極的に循環器疾患の救急を受け入れており、地域医療への貢献に努めている。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術
小児科では、主に内科的な医療を提供しているが、中耳炎等が重症化した場合には、耳鼻いんこう科により鼓膜切開術を実施する場合がある。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 91 1.04 2.68 0.00 71.91 06-02 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 3.41 7.63 1.85 63.93 06-03外科 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 46 6.30 15.93 0.00 74.24
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 17 2.94 13.94 0.00 67.24
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 15 3.87 24.47 0.00 69.33
当院は政策医療の一環として外科・消化器外科でははその核となる食道・胃・大腸および肝臓・胆道・膵臓の消化器がんの外科治療の他、鼠径ヘルニアに対する症例を多く実施している。がん治療推進を使命としており、兵庫県がん診療拠点病院に指定されている。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 125 2.63 20.96 8.00 25.53 07-01整形外科 グローイングッド延長術
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 113 3.63 22.17 45.13 66.95 07-04整形外科 特発性側彎症脊椎後方固定術
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 72 7.79 31.61 59.72 67.21
K0461 骨折観血的手術(上腕) 70 3.00 27.57 62.86 80.64
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 56 5.54 22.38 53.57 70.59
整形外科では、首や背中・腰の痛み、手足のしびれ・痛み、手足の運動障害、背中の曲がりなどを取り扱っており、手術では脊椎固定術(側彎症手術含む)、椎弓切除術、椎弓形成術が高い割合いを占め、全国的にも高い水準となっている。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K753 毛巣洞手術
K0222 組織拡張器による再建手術(その他)
K0151 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25cm2未満)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
K6333 臍ヘルニア手術
形成外科では、皮膚や皮下組織の外傷や腫瘍、変形などの治療、再建を対象とし、可能な限り目立たない傷跡で治すことを目的として治療に当たっている。褥瘡などの治りにくい傷に対しても認定専門看護師や皮膚科と連携し、在宅又は施設での保存的治療や手術適応のある患者さんには入院後、陰圧閉鎖療法や手術により治療を行っている。また、外傷や熱傷などによる傷跡にに対しても保存的・手術的方法を組み合わせて治療を行っている。その他、加齢に伴う眼瞼の下垂や皮膚弛緩、巻き爪・陥入爪などにも比較的侵襲の少ない方法で対応している。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 18 0.22 13.22 5.56 76.94 08-01脳外 慢性硬膜下血腫除去術
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
脳神経外科では、主に頭痛、眩暈や一過性不全片側麻痺のなどの症状で発症する脳血管障害ほか脳神経疾患全般において、初診・紹介を問わず診察している。
手術では頭部の頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜と脳との隙間に血(血腫)が貯まる硬膜下肉腫に適応する手術が多い傾向である。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 326 0.57 1.53 0.00 77.13 12-03眼科 白内障 火2泊3日
K279 硝子体切除術
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入)
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
眼科では主に水晶体の再建手術を実施している。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13-01耳鼻科 内視鏡下副鼻腔
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)
K454 顎下腺摘出術
耳鼻いんこう科では、耳鼻咽喉頭頭頚部領域の疾患を中心に診断治療を行っており、特に入院治療が必要な症例、手術症例を主に取り扱っており、内訳は上記のとおりである。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 1.19 4.69 0.00 78.56
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K013-22 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
皮膚科は、皮膚の状態から全身の病気が無いか常に考えながら日々の診察を行い、皮膚だけでなく総合的に病気の判断を行っている。
なお、手術の大半は皮下・皮膚にできた腫瘍の摘出である。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K821 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)
K8411 尿道狭窄内視鏡手術
K8036イ 経尿道的前立腺手術(その他) 10-02泌尿器 経尿道的膀胱腫瘍切除術
10-01泌尿器 経尿道的前立腺切除術
K8412 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)
K7981 膀胱異物摘出術(経尿道的手術)
泌尿器科では尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、男性不妊症、神経泌尿器科等多にわたり治療を行っている。手術についてもそれらに適応したものが上位を占める状況である。

産科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 37 2.24 7.24 2.70 32.81 24-02産科 帝王切開術24-03産科 帝王切開
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 32 6.19 7.91 0.00 33.75 24-02産科 帝王切開術
24-03産科 帝王切開
K9092 流産手術(妊娠11週超21週まで)
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法)
当院では自然分娩を原則としており、医師・助産師が分娩監視装置などで胎児の状態を観察しながら、安全に出席できるように援助する。
帝王切開を行う場合は麻酔科と共に疼痛を少なくできるように努める。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 85 1.45 4.72 0.00 44.54
K867 子宮頸部(腟部)切除術 40 1.18 3.58 0.00 42.28
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 38 1.45 7.26 0.00 48.47
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術 24 1.17 3.38 0.00 46.79
K877 子宮全摘術 21 1.29 7.52 0.00 50.71 11-03婦人科 腹式子宮摘出術
当院は神戸市の子宮頸癌検診指定医療機関であり、細胞診専門医を中心として子宮頸がん細胞診、コルポスコピー下組織診、高周波電気メスを用いた子宮膣部円錐切除などの様々な方法を用いて子宮頸がんの早期発見、早期治療に努めている。近年、子宮頸がんは発癌性ヒトパピローマウィルスというウィルスに感染することが原因であることが判明している。このウィルスは性交で感染するが、最近は20~30歳代の若い世代に前がん病変である子宮頸部異形成や子宮頸がんが増加している。病気の初期にはほとんどが無症状であるため、子宮がん検診やヒトパピローマウィルス検査による早期発見が重要である。子宮頸部異形成の段階で診断されると子宮を温存することができ、妊娠・出産も可能であり、子宮頸がんの状態でも早期発見できれば、大きな手術を回避することで術後の副作用の軽減が可能である。また。当科ではヒトパピローマウィルス検査を子宮頸部異形成の診断と治療後の管理に応用している。

糖尿内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K654 内視鏡的消化管止血術
K0021 デブリードマン(100cm2未満)
K2761 網膜光凝固術(通常)

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 23 1.13 11.09 0.00 67.09
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 1.08 6.33 0.00 64.08
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う))
K016 動脈(皮)弁術
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)
乳がんに対する診断、治療法は日々進歩し社会的関心も高まっている。そのため、乳がん診療にあたっては個々のがんの特徴を踏まえた診断・治療法の選択が求められ、高度の専門的判断が要求されるようになってきた。そのため、乳腺外科では地域の患者さんからのニーズに応えられるように、院内外のネットワークを利用し質の高い医療を提供していく。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.00%
異なる 0.00%
180010 敗血症 同一 0.00%
異なる 0.00%
180035 その他の真菌感染症 同一 0.00%
異なる 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.00%
異なる 0.00%
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。

注)症例数10未満については、(-)表示

 

更新履歴
2018/9/28
平成29年度病院指標を更新しました。