看護部のご案内

看護部長挨拶

当センターは、296床の急性期の総合病院です。

私たちは、急性期から回復期、慢性期、そして終末期、また、病院と在宅・地域へと様々なstageを歩む患者さんの命、生活、人生を支えています。専門職としての覚悟を育み、総合的な実践力を持った看護師の集団であるよう、『ともに感じ、ともに育ち、ともに輝く』をモットーにしています。

当センターの強みは、『お互いの顔がみえる』ことです。よく、アットホームな雰囲気である、とお褒めの言葉をいただきます。私は、『ともに』の精神が根づいている証であると思っています。看護実践においても、患者志向性を軸に、理念である『納得・安心・満足の看護』の実現に全員一丸で取り組んでいます。

看護部理念

患者さんに納得・安心・満足していただける看護を提供します。

看護部活動方針

  1. 患者さん個人の尊厳を守り、患者さん自身が治療・看護に参加できるよう支援します。
  2. 患者さんに安心していただけるよう、専門職としての知識・技術・人格を磨き、看護を実践します。
  3. 政策医療を中心として専門的看護を実践し、地域社会貢献に努めます。
  4. 良質な医療サービス向上に向け、個々の資質向上に努めます。

令和2年度看護部目標

  1. 急性期看護の質を高め、実践力を強化する
  2. 1)合併症を伴う高齢者患者の看護力の向上
    2)チーム活動を強化し、看護の質を高める

  3. 働き方改革の実践と働き続けられる職場づくり
  4. 1)タスクシフトを推進し、看護ケアの充実を図る
    2)看護補助者を含めた業務改善
    3)計画的な休暇の取得
    4)メンタルヘルスケア対策の強化

  5. 地域から求められる地域密着型医療を実践する
  6. 1)患者の目線にたった退院支援の実践
    2)地域社会への健康啓発活動の推進

  7. 経営意識を高め、病院経営の改善に参画する
  8. 1)患者数の確保と病床稼働率の向上
    2)経費削減と意識改革

看護部概要

  • 看護体制 7:1
  • 勤務体制 2交替(全病棟)
  • 看護方式 固定チームナーシング