泌尿器科

特色

尿路および精路全般を担当する。

担当範囲は尿路性器悪性腫瘍、尿路性器感染症、男性不妊症、神経泌尿器科等多岐に渡る。特に当院では神経泌尿器科・泌尿器科腫瘍学・感染症学に力を注いでおり、当該疾患患者様に対し専門的な医療サービスを提供する日本泌尿器科学会泌尿器科専門医拠点教育施設病院である。

当科では泌尿器科的疾患と関連する全身状態の管理(血圧を含む循環動態、脂質・糖質代謝、運動機能、睡眠評価等)も行っており、加えて東洋医学的診断・治療も随所に取り入れた集学的医療を行っている。

取扱う主な症状・疾患

取り扱う症状

  • 血尿
  • 尿閉
  • 尿失禁
  • 頻尿および夜間頻尿
  • 排尿困難

 

取り扱う疾患

【泌尿器科癌】
  • 腎癌
  • 腎盂尿管癌
  • 膀胱癌
  • 前立腺癌
【良性疾患】
  • 前立腺肥大症
  • 前立腺炎
  • 間質性膀胱炎
  • 過活動膀胱
  • 尿失禁(腹圧性、切迫性、混合性)
  • 神経因性膀胱

専門外来・検査

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 排尿機能外来
  • 漢方外来

 

検査

  • 超音波断層法
  • 尿流量測定検査
  • 軟性膀胱尿道ファイバー
  • 硬性尿道鏡
  • 残尿測定検査
  • 静脈性腎盂造影検査
  • 逆行性腎盂造影検査

治療方法

  • 理学療法
  • 薬物療法(抗生剤、抗癌剤を含む)
  • 手術療法
  • 干渉低周波療法
  • 間歇的自己導尿
  • 持続尿道カテーテル留置療法

外来担当医表

泌尿器科 大岡 均至
(初診は紹介状必要・受付10時半まで)
予約のみ 大岡 均至
(初診は紹介状必要)
予約のみ 大岡 均至
(初診は紹介状必要・受付10時半まで)
特殊検査処置 手術日
備考

★初診患者さん(1年以上来院がない方含む)は「紹介状」が必要です。

★月曜日、金曜日の受付時間は10時半まで。

★火、木曜日は予約の方のみ。

★電話による予約の変更はできません。

★担当医が変更になることがあります。

★出張等により休診になることがあります。

担当医の紹介

泌尿器科部長 大岡 均至
出身大学
出身高校
神戸大学 1987年卒業
大阪府立大手前高等学校
学位
専門・得意分野
博士(医学)神戸大学 2003年取得
前立腺癌や前立腺肥大症・尿失禁・過活動膀胱・夜間頻尿等
自己導尿等の排尿管理・カテーテル管理(腎瘻、尿管ステント、膀胱瘻)
間質性膀胱炎の継続的治療(水圧拡張、ハンナ部切除、ジムソ注入、食事療法等)と長期管理
腎癌の分子標的療法や難治性前立腺癌(去勢抵抗性前立腺癌)に対する至適内分泌療法・放射線療法や外来抗癌化学療法
急性尿路・精路感染症治療
癌を含む種々の難治性疾患の加療や疼痛管理
所属学会、役職
専門医資格など
所属学会等

日本泌尿器科学会(専門医・指導医)

日本排尿機能学会(排尿機能専門医)

日本老年泌尿器科学会

日本感染症学会

日本化学療法学会(抗菌化学療法指導医、ICD)

日本泌尿器科内視鏡・ロボティクス学会

日本緩和医療学会(認定医)

日本間質性膀胱炎研究会

日本東洋医学会(認定医)

泌尿器科漢方研究会

AUA(アメリカ泌尿器科学会); international member

ICS (国際禁制学会); member

SIU(国際泌尿器科学会); member


学会役員、編集委員等

Radiotherapy and Oncology; reviewers (2008.2.-)

International Journal of Urology; referee (editorial board)

Medical Science Monitor; International Panel of Reviewers

Indian Journal of Urology; international referee (2007.1.-)O

Expert Review of Medical Devices ; reviewer (2007.2.-)

Yonsei Medical Journal (Korea); international referee (2009.7.-)

Current Bladder Dysfunction Reports; reviewer of the Overactive Bladder section (2009.7.-)

World Journal of Clinical Urology; editorial board (2010.8.-)

Austin Journal of Sleep Disorders, editorial board (2014.4.-)

日本排尿機能学会代議員(2014.10.-)

The journal Minerva Urologica e Nefrologica, reviewer (2014.10.03-)

Austin Journal of Urology, editorial board (2014.10.8.-)

『夜間頻尿を考える会』世話人(2015.2.-)

日本老年泌尿器科学会評議員(2015.5.-)

泌尿器科漢方研究会幹事(2015.5.-)、監事(2021.4-)

日本間質性膀胱炎研究会評議員(2018.4.-)

日本東洋医学会認定医(2018.12.-)

日本緩和医療学会認定医(2022.4.-)、研修指導医

趣味、特技 トレイルランニング、野球、サッカー、水泳
ひとこと 新しい治療、日帰りを含む低侵襲手術、癌を含む難治性疾患の治療に積極的に取り組みたいと考えています。
受賞歴 IJU Reviewer of the year 2011
第14回日本間質性膀胱炎研究会最優秀演題
 『間質性膀胱炎症例に対するdietary manipulationについて』
第31回日本老年泌尿器科学会学会賞
 『女性間質性膀胱炎症例に対する長期dietary manipulationの有用性について』

診療実績

2016年4月1日~2017年3月31日

患者数
外来新患者数 124
新入院患者数 96
検査件数 232

部位別手術件数
尿管形成術 2
経尿道的膀胱腫瘍切除術 35
経尿道的前立腺切除術 25
経尿道的膀胱砕石術 5
尿道狭窄内視鏡手術 12
経皮的腎瘻造設術 2
尿管カテーテル留置術 32
陰嚢水腫根治術 3
膀胱水圧拡張術 5
膀胱瘻増設術 4

検査件数
逆行性腎盂造影 39
膀胱鏡検査 159
前立腺針生検 34

その他
干渉低周波療法 延べ197